ピアスの歴史

ピアス (Body piercing) は、身体の一部に穴を開け、その穴に通して付ける装身具の総称である。狭義には、耳たぶに穴を開けてとりつける耳飾りのイヤリング(Pierced earrings)を指す。本来は、ピィァスィングと呼ばれているがいつの間にか略されピアスとなった 。日本国外では、ピィァスィングと呼ばれている。




有史以来、古くはタトゥーと同様、邪悪なものから身を守る魔除けを目的として用いられていたが、現在まで時代を経るに従いファッション性の意味合いが強くなっている。かつてからギャルがよく付けており、現在では耳へのピアスは一般人にとっても特別なことではなくなっている。また最近ではアイドルやアーティストの影響で、ヘソ、乳首などへのピアスもめずらしくはなくなってきたが、それ以外の部分へのピアスは、まだまだアンダーグラウンド的に受け止められがちな存在である。




耳のピアス
耳へのピアスは、インド、エジプトなどの古代文明に、人類が装飾品で身体を飾る際に耳への装飾も行ったことに始まる。当時の金工技術は高度で、輪状の金属製の耳飾りが一般的であった。この耳飾りは耳に開けた穴に取り付けられ、ピアスの原型となった。 また古代ローマにおいては男性の乳首へのピアスは、マントやケープを身体に留めるための、実用的かつ一般的な装飾であった。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。